blog studio clamp(クランプ)は、東京都平井にある赤ちゃんから3歳位までのお子様や家族写真を撮影する写真スタジオ。

blog
ブログ
ブログイメージ
こんにちは、カメラマン近藤です。


先日ご紹介した1才半の女の子に続き、
今回は2才さんのバースデーフォトでした。

やっぱり2才さんの撮影は楽しい。もちろん1才さんも楽しいけど、
楽しさの質が違う。
詳しくは、同じくボクが書いた姉妹店フォトスタジオKOWAのブログを見て下さい。
(今方々に同様のことを書きまくっております。)


とにかく、写真館業界において”2才さんは大変や~”というのが定説なのです。
”よく動く、動きだしたら止まらない”が主な理由でしょうか。

確かに、通常の写真館だとストロボで撮影するので、動かれたら写真が撮れません。
撮影場所もそう。スクリーンとか、撮影セットとか、そのセット内にいないと撮れない。

さて、studio clamp。
①自然光のみを使用。ストロボない。
②アンティークスタイルでスタジオをコーディネートしてるので、360度撮影可能。

写真館として特異な作りが、逆に強みになっております。
元気いっぱい、やんちゃな2才さんもclampならなんなく撮れます。
その魅力を損なわずに。

ということで、1才バースデーと七五三の間でなんとなく忘れ去られている
”2才バースデーフォト”がもっと定着するように魅力を伝えていきたいと思います。


では、本日もお写真をご紹介いたします!
ブログイメージ
主役はこちらの女の子。目がクリックリでとっても可愛い。
そして、後ろには”2”の巨大バルーン。
かなり大きいので、家で膨らませるわけにはいかず、
撮影前にパパがふーふー頑張ってくれました。パパは酸欠状態で撮影スタート。
ブログイメージ
キレイなママと優しきパパ。撮影もとっても盛り上がりました。

2才位から、”真似”が始まるのでしょうか。
僕が撮影の度に”OK”と言うので、覚えたのか「おっけ~」と言ったり、
首を痛めている茂木お姉さん(アシ)が時たま見せる首の運動も気づいたらやってるw
ブログイメージ
このサイズ感がいいんですよね~。椅子にちょこんと座ってて。
撮影の幅が広がります。
ブログイメージ
で、足元を抜くとこう撮れます。
ママのご希望で、パーツショットも幾つか撮らせていただきました。
ブログイメージ
僕が一番好きなのはこの写真です。
ドアの方を見て、誰かの帰りを待っている。そんなストーリー性を感じさせる1枚。
この足が良いんだな~!また、ドアを少し開くのもポイントです。
左に見えるのはお気に入りのぬいぐるみのピンクちゃん。
ブログイメージ
と、言いましてもやっぱり2才。楽しく遊びながら撮ります。
シャボン玉が楽し過ぎて、奇声を上げていましたw
ブログイメージ
ママのご希望ショット。

素敵な写真が沢山あって、最後はママも感極まってしまいました。
今回の反省点としては、ママがまだ余韻に浸っているのに、
「どのプランにしますか!?」と商売っ気を出してしまったことです。
それ以外は120点。胸を張って言える。
ブログイメージ
ご持参いただいた撮影小道具を使いました。
お気に入りのピンクちゃんを鷲掴みしたまま、貴婦人のような柔らかな笑みw
ブログイメージ
最後はこちらのお写真で締めましょう。
こちらもご希望カット。


いかがでしたでしょうか?
本当はもっともっと紹介したい写真が沢山あるのですが、
10枚しか掲載できない仕様なんです・・・残念。
写真のバリエーションの豊富さも、2才さんの特徴かもしれませんね。


1才はもちろんですけども、2才のお誕生日フォトもぜひご検討下さい!
pagetop